化粧水は配合成分を比較することがポイント

スキンケアアイテムにはクレンジングや洗顔料、美容液やクリームなどがありますが、その中でも化粧水は使用頻度が高いという特徴があります。

化粧水の比較の詳細情報となります。

さらに、その後に使う乳液や美容液の効果を高める働きもあるので、配合されている成分を比較して、自分の肌質に合うものを選ぶことが大切です。



肌がカサカサと乾くという人は、保湿成分がメインに配合されているものがおすすめです。
保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、その中でもセラミドは肌の表面近くにある成分なので、使用することで効果が早く実感しやすいのが特徴です。


それに比較してヒアルロン酸は、水分と油分の両方と相性が良いという特徴があります。


そのため、化粧水だけではなく乳液やクリームにも配合しやすいので、ライン使いしたいという人に最適です。



シミやソバカス、ニキビ跡をケアしたいという人は、化粧水の成分表を比較して美白成分が多いものを選ぶのがポイントです。美白成分にはトラネキサム酸やアルブチン、ビタミンC誘導体やプラセンタなどがありますが、このうちシミケアにおすすめなのがビタミンC誘導体とプラセンタです。

ビタミンC誘導体とプラセンタは、肌の新陳代謝を向上させる性質があります。
その結果、肌に沈着してしまったメラニン色素を還元することができるので、使い続けることでシミなどを薄くすることが期待できます。


さらにビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑える働きもあるので、シミ予防としてもおすすめです。