化粧水の成分を比較してみよう

洗顔後に最初に使用する化粧水は、その後に使う美容液などのスキンケアアイテムの浸透を高める働きがあります。
さらに肌質にあわせて化粧水を比較して使うことで、肌トラブルを改善することも期待できます。

肌トラブルを効果的にケアしていくためには、化粧水に含まれている美容成分を比較することがポイントです。秋や冬に感じやすい乾燥肌は、化粧水で保湿成分を補っていくのがおすすめです。


さらに年齢を重ねていくと肌の中の保湿成分が減るので、早めに補っていくことも大切です。

保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの種類があります。
このうち、比較的早い年代から補いたいのがセラミドとコラーゲンです。保湿成分は20歳ごろをピークにして、じょじょに減少していくからです。

本当に役に立つ化粧水の比較の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

ヒアルロン酸も20歳ごろから少なくなっていきますが、30歳後半頃から減少量がアップします。



加齢による肌乾燥を感じたら、ヒアルロン酸をメインに補うと効果を感じやすくなります。



シミやソバカス、ニキビ跡などを薄くしたいという人は、ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。
美白成分にはアルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸などがありますが、ビタミンC誘導体はこれらと比較して、メラニン色素の還元効果が高いからです。
さらにビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすいように加工されています。


これに加えて、水溶性と油溶性の2つの性質を持っているので、乳液やクリームにも配合しやすいというメリットがあります。